石川ブロスとは?

Ishikawa Bros

 

石川憲弘(箏・20絃箏)と石川利光(尺八)の兄弟は、ロック・ジャズをルーツに、大学の邦楽部(京大叡風会と立命館大学邦楽部)にて演奏を始め、数年の社会人生活の後、演奏家としての道を歩み始めました。日頃、二人は関東と関西を中心にそれぞれ別の演奏活動をしていますが、さらなる新境地を求め、「石川ブロス」の活動を2001年より開始しました。これまでに、東京・所沢・京都・大阪・神戸のほか、両親の出身地である鹿児島各地で公演を行い、多くのファンの心をとらえています。心温まる音楽をモットーに、コンサートを続けていく兄弟邦楽ユニットが「石川ブロス」です。

(CD「石川ブロス」ライナーノーツより)

 

メンバープロフィール

◆石川憲弘(いしかわのりひろ)
1973年、箏でジャズを演奏したいと思い、演奏を開始する。
NHK邦楽技能者育成会第26期を首席修了。
文化庁芸術家国内研修生として、作曲を牧野由多可に師事。
邦楽アンサンブル『昴』代表。ラジオ、テレビ、録音に活躍中。
邦楽のみならず洋楽・ジャズ・民族楽器との共演も多数。
【主なCD作品】 『四季彩』、『和楽園』、『星の誕生』
『ミスティーレイク』 ほか
【その他】 著書『はじめての和楽器』
岩波ジュニア新書より好評発売中

石川利光(いしかわとしみつ)

 

ディスコグラフィー

CD石川ブロスIshikawa Bros' CD


Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です